業務案内

WORK

株式会社A-Z TRUSTは東京都江戸川区をはじめとする全国各地にて、デッキプレート工事を中心に、スタッドジベル・ワイヤーメッシュなどの床版工事を請け負っております。安全面に配慮しながら施工スピードを追求し、高品質の仕上がりを実現しています。
こちらのページでは弊社の主力業務についてご紹介します。ご相談・お見積もりは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

デッキプレート工事

デッキプレートは型枠作業に関する工期短縮やコスト削減、近年の職人不足からも施工件数が増えております。
弊社では鉄筋付きフェローデッキ・フラットデッキ・合成デッキをはじめとする各種工法に対応可能です。

フラットデッキ
  1. 型枠材や型枠支保工の組立て解体が不要なので、大幅な工期短縮や省人化によるコスト削減につながります。
  2. 仮設型枠材を使うため構造や耐火制約がなく、設計条件に適した自由な配筋や開口位置が可能です。
  3. 上面がフラットで凹凸がなく、余分なコンクリートや鉄骨の重量を削減することができます。
  4. 作業通路や資材置き場としても利用できるため、仮設材などのコストの軽減にもつながります。
  5. ほかのデッキ材と比較すると軽量なので、簡単に施工できるのもメリットです。
合成デッキ
  1. 構造デッキのため、床ブレース・鉄筋が不要です(ワイヤーメッシュなどの割れ防止金網は必要)。
  2. 耐火被覆が不要なうえ、連続梁の耐火性能に有利です。
  3. 連続梁用の長尺物だと施工時の作業員の梁上の移動が減り、工事が容易かつ範囲も広がるため工期の短縮や省人化につながります。
配筋付きフェローデッキ
  1. 建物の用途を選ばず、鉄筋工事と型枠工事の大部分の工程を敷設と同時に完了できます。
  2. 製品として鉄筋トラスと鋼板が一体化されているため、高精度な配筋や高強度スラブを実現できます。
  3. 捨方枠工法なのでスパンや荷重などの制限がなく、解体・撤去も不要なので廃棄物を削減できます。
  4. 工場製作のため、型枠、配筋を熟知した職人がいなくても施工可能です。
地組パネル工法

地面で先行して組み上げ、パネル化した物をクレーンで揚重するため、作業員の高所作業の軽減や工期の短縮が可能です。
また、長尺物デッキだと約100㎡の敷設されたパネルをクレーンで揚重するだけなので1日に数千㎡の敷設を完了でき、大幅に工期を短縮できます。

ファブデッキ

縦筋・横筋が各交点で溶接されており、配筋精度が極めて高く、コンクリート打設でも乱れません。
また、型枠工事と配筋工事を同時に完了でき、サポートは原則不要です。
さまざまな用途に使用でき、地組パネルでも施工可能です。
ファブデッキの特徴をまとめると以下のようになります。

  1. 工期の短縮
  2. 型枠工事と鉄筋工事を同時に施工できる。サポートは原則不要。複数階の同時施工、上階の先行施工、他工種の同時施工が行なえる。現場での工数が少ないうえに単純作業で済むので、工期を短縮できる。

  3. 高い工作精度
  4. 縦筋・横筋の各交点で溶接されており、配筋精度が極めて高い。コンクリート打設まで乱れることがなく、設計どおりのスラブ性能を確保できる。ひび割れの低減、振動の抑制、遮音にも効果を発揮する。

  5. 工事監理の合理化
  6. 省力、プレハブ化、工事量の軽減、施工偏差の解消などによって工事を合理化することで、品質・安全管理を簡略化できる。作業性が良く安全で、作業床・安全床としても利用できる。

  7. コストダウン
  8. 工期の短縮や全体工事量・現場経費の軽減によって工事費用を削減できる。原則サポート無しで仮設費も軽減される。

  9. 広い用途
  10. S造・SRC造・RC造・PCa/PC造の厚さ120mm以上の一般構造床に使用可能。ユニット工法やSRC造の先行敷込みにも適している。既設計案件をファブデッキに転換できる。

  11. 高品質の工業化製品
  12. 自動製造装置により安定した品質の製品が製造されている。検査装置による品質管理を実施。

ワイヤーメッシュ施工

弊社ではワイヤーメッシュを用いた施工も行なっております。
ワイヤーメッシュはコンクリートの補強材として、土木建築の基礎部分や床・壁などさまざまな箇所で使用されています。ほかの補強材に比べて耐荷重性が優れており、ひび割れに強いので補修回数を少なくできる点がこの工法のメリットです。また、厚みを節減することも可能です。
さらに、施工時の組み合わせ作業や結束作業の手間を省略できるため、人員および時間のコスト削減を図れます。

鋲打銃工事(ヒルティー鋲)、各種鍛冶工事、金物工事

鋲打銃工事(ヒルティー鋲)、各種鍛冶工事、金物工事も弊社で承っております。

ヒルティー鋲打銃工事は亜鉛メッキ仕様の鉄骨におけるデッキ固定方法の一つで、「デッキング用鋲打機」と呼ばれる火薬式鋲打機を用いてデッキとH鋼を固定します。
ヒルティー独自のDX安全鋲打工法は「天候に関係なく施工できる」「ドリルやバーナーが不要」「高精度」「短時間で正確に作業できる」といった特徴があり、工期短縮につながるメリットもあります。
火薬を使用するため「銃砲刀剣類所持等取締法」による許可が必要になります。また、空砲を使用する場合は「火薬類取締法」により、消費地を管轄する行政機関への申請許可が必要です。経験豊富な弊社にお任せください。

スタッド工事

スタッド工事(スタッド溶接)にはその名のとおり「スタッド材」と呼ばれる専用のボルトやナットを使用します。スタッド材と母材との間に電流を流すことによって生じるアーク放電を利用し、スタッドと母材を溶融・接合させる溶接方法です。
RCスラブと鉄骨を接合する際や、合成梁にするための梁上スタッドのほか、杭・柱脚などを溶接する際に用いられます。

ファインフロア施工 

ファインフロアは、ビルの屋上・プラント・倉庫の床など、幅広い現場の床材として活躍する有孔鋼板です。
人力での運搬が可能で、施工が非常に容易です。